ホーム:防汚加工作業服について > ナノ加工の防汚加工作業服 防汚加工 作業服

話題の「ナノレベル」の防汚加工ユニフォームとは?

ナノ加工の防汚加工が付いた作業服・ユニフォームについて

ナノ加工で防汚加工の作業服として知られている「デュアルクリーン」は繊維業界において、もっとも新しく需要を高める可能性がある技術として期待されている加工技術です。
ナノ加工とは、素材に加工している撥水性・撥油性・防汚性・防縮性などの特殊な機能をより一層高める加工の一つです。
特に作業服ですから、汚れが付着したりする機会が多いのでナノ加工の防汚加工をすることによって通常の作業服では落ちなかった水性・油性などのひどい汚れが付きにくくなります。
と同時に親水性が非常に高くなるので、付着したひどい汚れが繊維の奥まで洗濯水が入り込んで高い洗浄効果を発揮します。
防汚加工の作業服は汚れがひどい現場にお勧めの加工技術です。

汚れの付き易い職場や毎日洗濯するユニフォームにも最適です。

最近では、作業現場だけでなく、飲食関係の厨房や医療・介護などのサービス分野において高い需要があります。
ナノ加工技術を使った防汚加工は洗濯を繰り返し行ってもその効果は落ちずに力を発揮します。
着用者だけでなく、作業服・ユニフォームを洗濯をする側の人にとっても非常に手間いらずで好評で喜ばれている加工技術の一つです。
またこれらの加工技術は綿100%やポリエステルや混紡素材などに加工が可能なのでオリジナルの作業服やユニフォームを作成する場合でも加工が出来ます。
作業服及びユニフォームは企業の顔とも呼べる、一番印象を相手に与えるアイテムの一つです。
汚れなどが付着したまま着用を続ける行為は見た目や相手に与える印象も非常にいいものではありません。
そのようなバックグランドもあって、最近では特にナノ加工の防汚加工技術が非常に注目を浴びています。


↑page top